Top >  ケアのためのアロマの活用法 >  メディカルアロマ 

メディカルアロマ 

日本でアロマセラピーは、

美容やリラクゼーションとして

ほとんど使用されていますよね。


1990年代頃からアロマテラピーを

医療分野で取り入れていこうという

流れがでてきたんです。


そして現在では治療に

アロマテラピーを活用する病院も増えていますよ。


メディカルアロマテラピーは香りだけではなく、

精油の効果で、病気になる前の不調な体のケアや、

病気とは認められない症状を改善する「代替医療」と言われるものなんです。


メディカルアロマテラピーの用法は、

大きく分けて二つの使い方があります。


一つは家庭での健康管理や家庭医学としての使い方で

病気の予防としてメディカルアロマテラピーを使います。


これには病気の原因の一つである

ストレスや生活習慣・健康管理に

非常に効果を上げているんですよ。


もう一つは医療として西洋医学を中心に

代替治療としての使い方で、副作用面・

ストレス面・カウンセリング面で有効とされています。


その他、各分野での治療やエステ等に

沢山の使い方が期待できるようです。


メディカルアロマの導入方法は病院によって色々です。


例えば婦人科では、女性特有の疾患である

月経前緊張症や更年期障害のケアや

不妊症問題に使われたりしています。


心療内科や精神科では、鬱症状の緩和や、

心身症の治療に、薬といっしょに

アロマトリートメントをされているところもあるんです。


その他、眼科では手術前のケアに使われたり、

また終末期のガン患者のための心身的苦痛の緩和などとしても

実践されているんですよ。


しかし、今の日本ではエッセンシャルオイルが保険対象外であることや、

化学的データの不足といった現状のため、どこの病院でも

積極的にアロマテラピーを実践してると言うわけではありません。


医療でも使われはじめたエッセンシャルオイルなので、

毎日の生活の中で活用すれば、

病気を予防し健康な生活を送ることができますね。


是非家庭で活用してみてくださいね。

         

ケアのためのアロマの活用法

自分の生活ではもちろんのこと、
アロマは病院で患者さんの心をケアするのに使用されたり、
ペットのストレスの軽減にも使用することができます。

ここでは自分に活用する以外の使われ方を少し記載しています。

このカテゴリ内の記事


メディカルアロマ 
ペットにアロマ 







Yahoo!ブックマークに登録