Top >  精油について >  精油の作用

精油の作用

精油が体の中に入ると、鼻、肺、皮膚を通して

さまざまな部位に効果をもたらし、

心や体に影響を与えるんですよ。


まず、香りを嗅ぐと、

鼻から大脳に伝わます。


これが一般的なルートです。


この、香りが大脳に伝達されることで、

記憶力や感情の部分を刺激します。


また、自律神経のコントロールや、

体温調整、ホルモン調節をしたりして、

心や体に影響しているんです。


そして、鼻から肺、

それから全身にも伝わっていきます。


これは深呼吸しておこるルートです。


深呼吸して肺に入って肺胞までいき、

最後に腎臓でいらないものは

分けて尿などで外に出されるんです。


このときに咳を鎮めたり、

呼吸器系のトラブルの改善になるんですよ。


次に、皮膚から血液に入りリンパに流れます。


これはアロマトリートメントをしたときに、

肌から成分を吸収して起こるルートです。


精油はとても小さな物質なので、

皮膚から入り血液やリンパまで流れて

全身を駆け巡って体の各器官に影響して作用します。


このとき、にきび、肌荒れなどの

肌トラブルの改善に働きかけたり、

肌のサイクルを整えてくれています。


このようにして、

きれいな肌に導いてくれるんですね。

         

精油について

アロマの活用に欠かせない精油。。。

どんな種類があるのか、どんな作用、効果があるのか、
使用時に注意したい事など
精油について記載しています。

このカテゴリ内の記事


精油の種類
精油の作用
精油使用時の注意点







Yahoo!ブックマークに登録