Top >  精油について >  精油の種類

精油の種類

まずは、精油の取れる部位を教えますね。


精油は、


果皮・花・葉・花と葉・

木部・樹脂・樹脂と木皮・

樹果・樹果と葉・種


とその植物の各部位から取れます。


その部位によって香りの系統がさまざまですね。


次に、精油がどのように抽出されるかです。


・水蒸気蒸留法 ・・・ もっとも多く利用されています。

              水蒸気で原料となる植物を蒸して抽出します。


・圧搾法 ・・・ これは柑橘系の果皮から抽出する時に利用します。

         ローラーなどで果皮を圧力で搾り精油を抽出します。


・有機溶剤法 ・・・ 揮発性の有機溶剤に一定時間植物を漬け込み抽出します。

            最後にエチルアルコールを使って芳香成分だけを取り出します。


このようにさまざまな方法で取れた精油は、

その抽出部位や香りの特性を考慮して

7つの香りのグループに分けられるんです。


・花系 ・・・ 甘く女性らしい花の香り


・柑橘系 ・・・ ポピュラーなフルーツの香り


・ハーブ系 ・・・ 薬草のようなシャープな香り


・樹木系 ・・・ 森林浴をイメージさせる爽やかな香り


・スパイス系 ・・・ 刺激が強いスパイシーな香り


・樹脂系 ・・・ 重厚な木の樹脂を原料にした香り


・オリエンタル系 ・・・ 個性あふれる魅惑的な香り


精油をブレンドして使うときは、

同じグループの精油同士のほうが

相性が良いといわれます。


今の自分がコレだと思った香りが

自分に合ってるってことですので、

いろいろな組み合わせでブレンドしてみましょう!

         

精油について

アロマの活用に欠かせない精油。。。

どんな種類があるのか、どんな作用、効果があるのか、
使用時に注意したい事など
精油について記載しています。

このカテゴリ内の記事


精油の種類
精油の作用
精油使用時の注意点







Yahoo!ブックマークに登録