Top >  アロマの歴史 >  アロマセラピーの歴史

アロマセラピーの歴史

アロマセラピーの歴史をさかのぼると、、、


紀元前3000年頃、古代エジプトで、香りは神への捧げもの

と言われてその煙にのって魂が天国へ昇っていく儀式として

行われていたんです。


ミイラの防腐剤として使われていたのが

ミルラという製油で、

ミイラの語源になっています。


このような時代にも、

強い日差しから肌を守るために使われたり、

香水として使われたりしていたそうです。


紀元前100年頃には、あのクレオパトラが、

バラを入浴や香水に使っていたそうです。


ローマ時代では、バラの精油が

お金と同じくらいの価値があったと

されていたんですよ。


いつの時代でも、特に女性は

好きな香りによって自分を磨いていたんでね。


近代になってくると、フランスの科学者が

やけどをしたとき、とっさにラベンダーの精油をつけたら、

傷が跡形もなく治ったそうです。


それから精油の研究を始めて

今の「アロマセラピー」ができたんです。


かなり昔からアロマの力を自然と活用して、

そのさまざまな効果をもたらしていたんです。


実はとても奥深い歴史があったんですよね。

         

アロマの歴史

アロマは現代ではいろいろなことに使われています。

実はとても古い歴史があり、
昔から日常で使用されていたんですよ。

ここでは、その歴史について記載しています。

このカテゴリ内の記事


アロマセラピーとアロマテラピー
アロマセラピーの歴史







Yahoo!ブックマークに登録