Top >  アロマの歴史 >  アロマセラピーとアロマテラピー

アロマセラピーとアロマテラピー

よく、「アロマセラピー」

「アロマテラピー」という

言葉を聞くと思います。


アロマセラピーとは、芳香療法という意味で、

芳香→「アロマ」と、療法→「セラピー」を

合わせた造語なんですよ。


「アロマセラピー」は英語で、

「アロマテラピー」はフランス語です。


だいたいの意味は同じなんですが、

フランスでは、医師が処方するのに

使われる言葉でアロマテラピーといいます。


イギリスではスキンケアやメンタルケアに

一般の人がセルフケアとして使われる言葉で

アロマセラピーと呼ばれているんですよ。


ここでは、一般的な「アロマセラピー」と呼ばせてもらいますね。


今日本では、アロマによる香りの成分でストレスから開放され、

心身のリラックスやホルモン調整、抗菌・抗ウイルス作用、

自然治癒力を高めるなど・・・


さまざまなアロマの働きを活かし、

全身のバランスを整えていくことが

多くされていますよね。


誰もが一度はお店などで良い香に

癒された事があるのではないですか?


アロマを使って部屋に芳香させたり、

お風呂に入れてみたりするだけでイライラが落ち着いたり、

傷の修復が早かったり、さまざまな効果を発揮してくれるのです。


アロマセラピーは、専門店などで

マッサージされるだけの効果ではありません。


自分で手軽に日常生活で活用する事も出来ますから、

取り入れてみると、毎日大好きな香の中で

癒されながら生活をすることができますよ。

         

アロマの歴史

アロマは現代ではいろいろなことに使われています。

実はとても古い歴史があり、
昔から日常で使用されていたんですよ。

ここでは、その歴史について記載しています。

このカテゴリ内の記事


アロマセラピーとアロマテラピー
アロマセラピーの歴史







Yahoo!ブックマークに登録